盗聴調査をすることでいつもの暮らしに戻れる

女の人

身の安全を守る

虫眼鏡

お金さえ払えば誰でも簡単に盗聴器を入手できるようになったせいで、普通の民家に盗聴器が仕掛けられるケースが激増しています。放っておくと大変なことになる可能性がありますので、誰かに家の中の会話を盗み聞きされているように感じている人は、盗聴器発見業者に相談してみる方がよいです。

専門店への相談が大切

ウーマン

高齢者の徘徊行動は早期の発見が大切となります。しかし行方不明者をやみくもに探しても発見するのはとても困難です。そこでおすすめなのがgpsレンタルです。認知力の衰えた両親にgpsを持たせておけば、すぐに居場所を特定できます。レンタル料金もリーズナブルとなっているので、長期間の使用も負担となりません。

安心してお任せできるプロ

耳

盗聴器が隠されている恐れがある時は、盗聴器調査会社を頼りましょう。盗聴器は第二種電気工事士やアナログ第三種工事担当者などの資格がないと、法的にも技術的にも取り外すことができません。盗聴器調査会社を選ぶ時はスタッフの資格はもちろん、過去の実績もチェックしましょう。実績が十分にある会社なら安心です。

偽装されている場合も

男性

もしかしたら盗聴器が有るかもしれない、と探してみたが特に何も見つからなかった、と安心してしまうのはとても危険です。盗聴器は外から見える場所に取り付けられているケースは稀で、大抵は見つけにくところに有る事がほとんどです。例えば壁のコンセントの蓋の中に仕込まれていたり、蛍光灯のカバーの外からは見えない場所から見つかったりします。また電源アダプターや電卓、ボールペン、電源の延長コードなどに偽装している事も有りますので、注意が必要です。近年のデジタル技術の進歩によって、盗聴器もかなり小型で高性能になっていますので、こういった偽装も容易になっています。ですから盗聴調査をする際には、先入観を持たないように細心の注意を払って、盗聴器を見つけ出す必要が有ります。

盗聴調査は目で見て盗聴器を探すだけではなく、盗聴器から出ている電波をキャッチして探し出すという方法も有ります。ですが盗聴器の電波をキャッチするには、専用の受信機が必要になりますので買うなりして、あらかじめ用意しておく必要が有ります。専用の受信機は値段が高いものだけではなく、比較的に安いものまで幅広く有りますので、自分で購入して盗聴調査をする事も可能です。ですが一つで全ての盗聴器を見つけられるという訳でもなく、完全に盗聴調査を行うためには複数の専用の受信機が必要になる場合も有ります。さすがに何個も購入するとなると、それなりに費用もかかってしまいますので、業者に盗聴調査を依頼した方が安く済む事も珍しくありません。